私たちの出会い日記

出会いは突然です

彼女と始めて出会ったのは、行きつけのパン屋さんでした。彼女はレジ係でどうやらアルバイトの様でした。歳は同じ位かちょっと上なのかなと思っていました。

 

最初に言葉を交わしたのは、「いつも有り難うございます、良く来られますよね」。と彼女に言われて「あっ、とんでもないです、ここのパンは美味しいので」。と、消極的な私でも、これはもっと仲良く慣れるチャンスだと直感で分かりました。

 

大学でレポートの提出とかで忙しくなって、お店に1週間位行けませんでした。ようやく落ち着いてお店に行きましたが、彼女はいませんでした。

 

新しく来ていたアルバイトの女の子に聞いてみたら、辞めたとの事でした。ちょっとガックリしました。「もっと話をして仲良くなりたかった」。そんな時に S 美大の女の子と合コンが有るので、と、誘われました。

 

乗り気では無かったですが、新しい出会いを求めて??ちょっと参加しました。その日は用事が有ってちょっと遅れて行きました。席に座って、視線を正面に向けて、「始めまし 」言葉が詰まりました。

 

彼女が目の前に居たのです。彼女もビックリして、お互い「再開を祝して乾杯」と、出会いはどこでどうなるかは分かりません。恋のキューピットが新しい恋の予感を与えてくれました。

出会い系で出会った男性

私は暇潰しに出会い系に登録をして、男性と会話をするのが趣味です。

 

出会い系で知り合ったのだから当然、現実でも会おう、といった話になるのですが、こちらは女性でありますし万が一危険な事があったら、と警戒をしてしまうので実際に出会いをするのは深く親密になって安心できる相手だけです。

 

先日も出会い系で知り合った男性と出会ってみたのですが、出会い系とは実に色々な人間が登録をしているのだなあ、と実感をせずにはいられませんでした。

 

その男性は所謂イケメンではあるのですが、なぜ出会い系に登録をして女性を募っているのだろう、と思ったのですがそれは金銭に問題があったからのようでした。

 

待ち合わせ場所に現れたその男性は、顔だけはとても綺麗なのですが服がぼろぼろでした。

 

もしかして、わざとぼろぼろの服を着て女性におごってもらおうと狙っているのかな、と感じたのですが思い過ごしだと思いたいです。

 

折角出会い系で出会ったのですから男女関係を持つのが普通かと思うのですが、その男性は虫歯があるようでしたので虫歯が移っても嫌ですし、不潔っぽいので変な病気を持っていても怖いので何もせずに帰宅をしました。

 

出会い系で出会った、残念な男子のお話でした。

 

でも、これは本当に残念だったときの話です。
出会い系よりも、最近はメル友と仲良くなれるようなサイトを利用することもあります。
出会い系とメル友の何が違うのかと言うと、出会い系は結構本気で出会いを求めている人たちが多い印象です。
一方で、メル友は実際に会わなくても、メールやラインで仲良くなれればよいかなといったもう少しフランクな感じです。
出会い系でリアルに会うような人を探すのに疲れたときには、メル友サイトを利用して、気軽な仲間を募っています。

 

また、千葉在住と言うこともあり、地元での出会いにも期待したいと思い、千葉出会いというようなサイトもときどき利用します。これは本当に千葉の出会いをピンポイントに狙っているサイトです。
こういった細かいニーズも拾っていけるような地域サイトが最近徐々に増えています。
親密になる時間が地元ならではで、短縮されることがメリットだと思います。デメリットは、単純に知り合いというような可能性もあるということです。
学生時代の同級生に出会うこともあるので、そういった意味でピンポイント過ぎるのも注意が必要です。

 

 

 

ゲイの出会い体験談って興味深い!

巷には様々な出会いエピソードがあります。このサイトもそういった出会い体験談のサイトです。

 

でも、中にはちょっと変わったような出会い体験談もあるのです。それがゲイを専門とした出会いの体験談サイトです。

 

いったい男女の出会い体験談とゲイ体験談は何が違うのか、気になって見ることにしました。

 

男女の出会い体験談よりも、わりと生々しく描写されているのが印象的でした。ゲイの人たちは出会い体験談があまりにも少なすぎて、結構刺激的な内容に自然となってしまうのかもしれません。

 

刺激的な内容が書かれている男女の出会い日記もありますが、ゲイの人たちは刺激を求める傾向が強いみたいです。
普通に出会って、デートしてエッチした・・・そういった内容の体験談ではゲイの人は満足しないようです。

 

もっと内容を掘り下げた部分を書いているサイトやブログが人気になっていることからも、分かるはずです。